やじるしファンデーション絵具 やじるしクイックベース やじるし下地用絵具のカラーバリエーション

ファンデーション絵具 FOUNDATION

ファンデーション絵具とは下地用絵具のことです。下地を施す目的は(1)支持体の固有色を打ち消し絵具の発色を良くする(2)絵具の固着を助ける(3)絵具の光沢や乾燥を調整するといった事です。 これ以外に(4)塗り方に変化をつけることにより表現の幅を拡げるといった二次的な目的もあります。ファンデーション絵具はこのように描画をしたい素材に塗布する絵具ですが、市販のキャンバスには通常この絵具が塗布されています。一般的には白いキャンバスはそのまま使用出来るのですが、性能を改良した場合この絵具を新たに塗ることになります。

ファンデーション絵具を柔らかくする場合は、揮発性油で行います。乾性油の画用液を用いると乾燥に時間が掛かることもありますが、膜が出来て絵具の固着を悪くするからです。塗布した画面は出来ることなら1か月以上の乾燥期間を経て使用してください。

色名 ファンデーション
ホワイト
ファンデーション
グリニッシュ
ファンデーション
アンバー
ファンデーション
グレイ
コードNo.
(20号)
H531 H533 H535 H537
コードNo.
(330ml)
H631 -- -- --
シリーズ記号 FD FD FD FD
組成 鉛白、チタン白、
リンシードオイル
鉛白、チタン白、酸化クロム、
リンシードオイル
鉛白、チタン白、天然土、
リンシードオイル
鉛白、チタン白、骨炭、
リンシードオイル
耐光性 *** *** *** ***
乾燥日数 I(2日前後) I(2日前後) I(2日前後) I(2日前後)
透明度 半透明 半透明 半透明 半透明
混色制限 S (N記号絵具との混色は避けてください)
毒性
取扱注意
鉛化合物を含みます。取扱にご注意ください。

ファンデーション絵具使用上の注意

■特徴
顔料として使用している鉛白は結晶型が偏平で粒子径が大きく、乾燥途上の膨張・収縮が少ないため、上に塗られた絵具の亀裂を起こしません。粒子径が大きいため吸油量が少なく、また鉛白そのものが油の乾燥を促進するので、絵具全体が早く乾きます。使用しているリンシード油はカラッとした強固な途膜をつくる、安定した下地づくりに理想的な乾性油です。

■欠点
顔料の鉛白は大気中の硫黄化合物に接すると硫化鉛を生成して黒ずみます。硫黄化合物の含まれている温泉のガスやガソリン車の排気ガスなどの多い場所では乾燥させない方がよいでしょう。また、ファンデーション ホワイトを上塗りに使用すると硫化鉛による黒変が出やすいので、乾燥後はタブローを塗っておく必要があります。

■塗り方1
新しいキャンバスに塗る
新しいキャンバスに塗り、発色や布目の調整、地紋づくりをするときは薄く一度塗り、乾燥したら二度目を重ねます。この方法で希望の厚みまで塗ります。一度に厚く塗ると中まで乾燥する時間が長くなり、制作できる時期が遅れます。

■塗り方2
古いキャンバスに塗る
画面の絵具をホルベックスなどでよく溶かし、ペンチングナイフでできるだけ凹凸をなくした後、ペトロールでよく拭いてから塗ります。

クイック ベース (油性・速乾性 地塗り絵具) QUICK BASE

クイック ベースは流動性の下地材です。乾燥後は光沢のない堅牢な下地となり、上に塗った油絵具の固着・のび・発色が良くなります。キャンバス、綿布(帆布地)、 板や合板パネル、紙ボードなどの他、古いキャンバスの更生にも使用できます。

クイック ベースご使用方法

●クイック ベースは、そのまま使える流動性タイプです。
  容器の底までよくかき混ぜてからご使用ください。

●塗る面のホコリや水分を取り除き、平筆、平刷毛、ローラー、スキージ等で、1〜2回薄く塗り重ねてください。粘りを弱めるときはぺトロールを加えて調整してください。

●用具類の洗浄には、油絵具用ブラシクリーナーをご使用ください。

◎ 厚塗りの下地にするとき
  薄塗りで、乾燥後に何回か繰り返し塗り重ねてください。

◎ 表面を滑らかにするとき
  縦、横塗りを繰り返し完全乾燥(1〜2週間)後、サンドペーパーをかけてください。

◎ 布地や紙、木類に塗るとき
  作品を長期保存されるときは、劣化防止のためまず膠液で地塗りをしてからクイック ベースを使用してください。

◎ 使用したキャンバスを更生するとき
  キャンバス上の絵具の凹凸を取り除き、サンドペーパーをかけるとクイック ベースの固着がよくなり丈夫な下地をつくります。

色名 クイック ベース
ホワイト
クイック ベース
グリニッシュ
クイック ベース
アンバー
クイック ベース
グレイ
クイック ベース
マルーン
クイック ベース
オーカー
クイック ベース
テールベルト
コードNo.
(300ml)
H691 H692 H693 H694 H695 H696 H697
コードNo.
(600ml)
H690 -- -- -- -- -- --
組成 チタン白、リンシードオイル、
アルキド樹脂、石油系溶剤
チタン白、酸化クロム、
リンシードオイル、
アルキド樹脂、石油系溶剤
チタン白、天然土、
リンシードオイル、
アルキド樹脂、石油系溶剤
チタン白、骨炭、
リンシードオイル、
アルキド樹脂、石油系溶剤
チタン白、酸化鉄、
リンシードオイル、
アルキド樹脂、
石油系溶剤
チタン白、水和酸化鉄、
リンシードオイル、
アルキド樹脂、
石油系溶剤
チタン白、酸化クロム、
酸化鉄、
リンシードオイル、
アルキド樹脂、
石油系溶剤
耐光性 *** *** *** *** *** *** ***
乾燥日数 I(1日前後) I(1日前後) I(1日前後) I(1日前後) I(1日前後) I(1日前後) I(1日前後)
透明度 半透明 半透明 半透明 半透明 半透明 半透明 半透明
混色制限 混色自由 混色自由 混色自由 混色自由 混色自由 混色自由 混色自由
毒性
取扱注意
--
乾燥時間(指触乾燥) :乾燥I(1日以内、 25℃、 2回塗り)
制作適正乾燥時問:10〜15日
塗布面積:600ml…10号キャンバスを約10〜12枚、50号キャンバスを約4枚
300ml…10号キャンバスを約7〜8枚、50号キャンバスを約2枚

下地用絵具のカラーバリエーション

古来、有色下地は良く使用されてきました。その代表的な考え方は、下地の明度を下げておけば描画しやすいということです。下が暗いのですから、後は明るい方向に色を置いてゆけば良いのです。もちろん、有色下地に油絵具の透明色を重ねればより一層の色の深みが得られます。また、有色下地には視覚的な抵抗感が少ないということもあります。明度の低い色、補色の上に置いた色の方が冴えて見えるという視覚的な効果もあります。描くモチーフや画風に合わせて、お好みの色をお選びください。
※マルーン、オーカー、テールベルトはクイック ベースのみになります。


ホワイト

グリニッシュ

アンバー

グレイ

マルーン

オーカー

テールベルト
どんな色調も受け入れる万能の白。 キャンバスの手づくりや、古いキャンバスの更生にも便利です。 人物の肌色を美しく見せるのに、昔から使われて来たグリーンの下地。赤みのある色を際立たせるのに効果的です。 画面全体に暖かみを与えるアンバー下地。風景画に使えば、木々の緑を引き立たせ、より自然な雰囲気に色調を整えます。 白では明るすぎて描きにくいとき、グレイの下地で画面を落ち着かせましょう。作品を冷たく冴えた色調に演出するときも効果的。 風景画の下地に良く使われる色です。草木の緑が映える存在感のある濃い赤みの色。

油彩の下描きにもよく使われる黄土色。どんなモチーフにも対応し、暖かみのある画面をつくります。

 

人物画の下地として、「グリニッシュ」よりもさらに明るい肌の色が引き立ちます。

 

        マルーン使用例 オーカー使用例 テールベルト使用例

*これはインターネットでご覧いただくためのデジタルデータです。実際の絵具の色とは異なります。

 
↑ページトップ

Copyright (C) 2008 HOLBEIN WORKS, LTD. Japan All Right Reserved.



油絵具ホワイト 下地用絵具